経年変化も醍醐味
ハリオV60コーヒードリッパー
(カッパー)【レビュー】

小物

皆さんは毎日のごほうび&リラックスとしてなにかルーティーンのようなものはありますでしょうか?
自分は毎日夕食後にコーヒータイムを取り、甘いおやつとコーヒーを楽しんでいます。
コーヒーはその1杯分の豆を毎回挽いてドリップで入れています。
おやつを食べ、コーヒーを飲むことでもちろんリラックスできるのですが、この豆を挽いてドリップするという行為自体がとても心が安らぐということに最近気が付きました。
豆の香りを楽しみながら豆を挽いてドリップすると、心が無心になれます。

ということで、今回から自分が使用しているコーヒーに関する道具を紹介したいと思います。
初回はハリオのV60ドリッパー(カッパー)です。

他の愛用しているコーヒー器具もレビューしていますので、そちらも参考にしてみてください。

関連記事:ハリオのコーヒーサーバー

関連記事:カリタのコーヒーミル

関連記事:バルミューダの電気ケトル

関連記事:信州珈琲のコーヒー豆

まとめ記事:コーヒー用具一式

スポンサーリンク

結論

まず最初に結論として簡単に特徴をまとめます。

メリット

  • 美しい銅の輝き
  • 割れない
  • すぐ温まる
  • 経年変化が楽しめる
  • 安定のハリオV60

ハリオV60とは

Quotation: ハリオ

コーヒーやお茶の機器メーカーとして有名なハリオはV60という独特なコーヒードリッパーを製造しています。
少しよくあるドリッパーと形状が違うため、まずはV60の説明を簡単にします。
詳しい内容は公式HPを参考にしてみてください。
ハリオV60の形状の特徴は次の用になっています。

  • 円錐形
  • スパイラルリブ
  • 大きな一つの穴

ハリオによると、これらの形状にすることで、美味しいコーヒーを淹れることができるのはもちろんのこと、淹れ加減で自分好みの味に変化させることができると記載があります。
自分の好きな味になるように淹れ方も試行錯誤できるので凝りたい方は、毎日楽しくコーヒーを淹れることができると思います。
もちろん難しい作業はなく、通常のドリップと同じ用にコーヒーを淹れることができます。

また、フィルターはV60専用のものがあり、そちらを使用することになります。

V60ですが、素材違いでたくさんのラインナップがあります。
プラスチック、ガラス、金属、陶器など、、、
今回は銅製の金属ドリッパーを紹介するので、次に金属製ドリッパーについても少し触れたいと思います。

銅製ドリッパーのメリットとは

ハリオV60ドリッパー(カッパー)経年変化

銅であることのメリットを簡単にまとめます。

  • 熱伝導性が高いため、むら無く全体が温まる
  • 高い抗菌性
  • 割れない

金属意外の素材だとプラスチック、ガラス、陶器などがありますが、上のメリットからカッパーが一番使い勝手の良いドリッパーなのではないかと考えています。
もちろん味の面でもメリットがありますが、細かい違いがわからない自分にとっては使い勝手の面と見栄えの良さからカッパーを選択しました。

経年変化レビュー

約2年使用してかなり渋い雰囲気に変化してきたのでその変化っぷりを紹介します。
まずは最初の色ですが、次の写真をご覧ください。

Quotation: ハリオ

ツルッとしてかなり光沢があります。
光を反射し、反対側が見えるくらい輝いていることがわかります。
はじめはピカピカで惚れ惚れするくらい美しいですね。
次に経年変化したドリッパーです。

ハリオV60ドリッパー(カッパー)経年変化

食器洗い機にも何回か入れ、かなり荒く使ってきたことも関係あるかと思いますが、かなり渋い見た目になってきました。

表面の銅色はくすんで変色している部分がかなり見られます。

ハリオV60ドリッパー(カッパー)経年変化

内側は基本的にきれいなままですが、よく使用している部分が少し変色しているのがわかります。

ハリオV60ドリッパー(カッパー)経年変化

底部は変色はしていないですが、水滴の跡が見られます。

ハリオV60ドリッパー(カッパー)経年変化

取手の固定部はかなり錆が見られます。
ちなみに銅の錆である緑青は人体には無害とされています。

全体的にかなり使用感が出ていますが、これはこれでかなり味がある経年変化になったと言ってもいいのではないでしょうか。
経年変化が楽しめるドリッパーはそうそうないので、革や金属などの経年変化にぐっとくる方はかなりおすすめです。

まとめ

ハリオV60ドリッパー(カッパー)

ピカピカな姿は美しく、経年変化で渋くかっこよくなるカッパーのドリッパーの紹介でした。
経年変化が楽しめますが、ずっとピカピカな姿がいい方は、水分と洗い方に気をつければ買った当初の美しい姿を保つことができると思います。
また、今度自分は銅色の部分を磨いて軽くきれいにしてみようかと思っています。
銅の食器類はこのように経年変化やメンテナンスを楽しむことができるのも醍醐味の一つですね。

コーヒー器具の紹介はまだまだ続きます。
ケトルや豆などを紹介したいと思います。
以上、今回はドリッパーの紹介でした。

他の愛用しているコーヒー器具もレビューしていますので、そちらも参考にしてみてください。

関連記事:ハリオのコーヒーサーバー

関連記事:カリタのコーヒーミル

関連記事:バルミューダの電気ケトル

関連記事:信州珈琲のコーヒー豆

まとめ記事:コーヒー用具一式

コメント

タイトルとURLをコピーしました