化繊インサレーション アークテリクス(Arc’teryx)
アトム(Atom) LTを洗濯してみた

アークテリクス アトムLT

今回は少し暖かくなってきましたので、アークテリクス(Arc’teryx) アトム(Atom) LTを洗濯してみました。
アトムLTは化繊インサレーションのジャケットです。
化繊インサレーションって暖かくて軽いのはもちろんですが、ダウンと違って洗濯できるってことが大きなメリットです。
洗濯できると多少の汚れに気を使う必要もなく、がしがし使えまね。
しかし、洗濯できるとは言っても、他の服と一緒に洗濯機へGOでは傷んでしまう可能性もありますので、今回は洗濯の方法を紹介したいと思います。
化繊インサレーションの洗濯を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

関連記事:アークテリクス Atom LT レビュー

関連記事:化繊インサレーションの解説

スポンサーリンク

まずは洗濯タグ確認

アークテリクスのアトムLTの洗濯タグ

まずは洗濯タグを確認しましょう。
化繊インサレーションは洗濯しても大丈夫だとは思いますが、何か禁止事項が書いてある可能性もあるので、一応確認しておいたほうがいいと思います。

アトムLTのタグでは次のように記載があります。

  • 柔軟剤は使わない
  • ドラム式洗濯機をおすすめ
  • ドラム式以外は洗濯ネットを使用する
  • 漂白剤使用禁止
  • アイロン使用禁止

以上のことに気をつけて、洗濯をやっていきたいと思います。

洗濯機へ入れる前にするべきこと

アークテリクスのアトムLT 洗濯ネット

洗濯機へ入れる前にいくつかやることがあります。
簡単なことなのでやっておきましょう。

  • ファスナーはすべて閉める
  • 袖やフードのドローコードはシワにならないように伸ばしておく
  • 洗濯ネットに入れる
  • 汚れが多い場所には洗剤を染み込ませる

洗濯機の設定

洗濯機の設定も通常通りではなく、以下のことに注意して設定しましょう。

  • 柔軟剤は使用しない
  • 中性洗剤を使用する
  • 弱水流で洗う
  • しっかりすすぎする
  • 脱水は短く(しても1分くらい)

洗濯後

アークテリクスのアトムLT 選択後の日陰干し

洗濯が終わったら後は干すだけです。
次のことに留意しましょう。

  • 日陰で干す
  • 乾燥後、撥水性が落ちてるようであれば撥水スプレーをかける

脱水は洗濯機であまりしなくても化繊なのですぐ乾きます。
さすが化繊インサレーションですね。
水がたれる場合は、最初お風呂などで干したほうがいいかもしれません。
長年の使用で撥水性が落ちているようでしたら、撥水スプレーをかけてみましょう。
撥水性が復活します。

化繊インサレーションは洗濯するべき

以上で洗濯は終わりです。
やっぱり洗濯できるってダウンや綿などのアウターと比較して、化繊インサレーションの優れているところですよね。
自分は赤ちゃんを抱っこすることが多いので、よだれなどですぐ上着が汚れてしまいます。
でも化繊インサレーションだと少々気にせずに使用できますね。

洗濯って痛みそうで少し怖いですが、逆に洗濯して表面の汚れを落とすことで、撥水性の維持ができるため、定期的な洗濯はおすすめです。
以上、化繊インサレーションジャケットを洗濯してみたでした。

今回選択したアークテリクスのアトムLTのレビュー記事も合わせて参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました