ワークマンTHERMO MAX(サーモマックス)インナー【レビュー】

今回は冬用のインナーとして、ワークマンのTHERMO MAXインナー(丸首シャツとタイツ)を購入しましたので、紹介したいと思います。

遠赤外線保温と蓄熱保温が特徴のTHERMOS MAXがとても暖かいです。

ユニクロのヒートテックなどのように水分を使った発熱とは違ったアプローチになります。

身体の水分を使わないので、ヒートテックと比較して乾燥しにくく肌に優しいのではないかと自分的には考えています。

冬用の暖かいインナーを探している方は参考にしてみてください。

ワークマン公式HP

スポンサーリンク

ワークマンTHERMO MAXインナーの良いとこ、悪いとこ

まずは簡単にワークマンのTHERMO MAXインナーの特徴をまとめたいと思います。

メリット

  • しっかり肉厚
  • 体にフィットする形状で暖かく感じやすい
  • 優れた保温性
  • 乾燥しにくい(と思う)
  • コスパいい

デメリット

  • 体にフィットする形状できつく感じる方もいるかも

ではレビューに移りたいと思います。

保温性を重視したインナー

ワークマンTHERMO MAX(サーモマックス)インナー【レビュー】パッケージ

THERMO MAXの特徴は保温性を重視したところです。

遠赤外線保温と蓄熱保温のWの保温力とうたっていますね。

ワークマンTHERMO MAX(サーモマックス)インナー【レビュー】機能説明

パッケージ裏面にも保温力の解説があり、かなり体温の保温力を重要視していることがわかります。

体感は体にフィットする形状なので、暖かく感じやすかったです。

ただ人によっては、このフィットするサイズ感がきつく感じてしまう方もいるかもしれません。

ヒートテックなどの水分を使った発熱インナーではないので、肌が乾燥しやすい方にかなりおすすめです。

肉厚で裏起毛が暖かい

ワークマンTHERMO MAX(サーモマックス)インナー【レビュー】

生地はかなり厚めです。

ユニクロの超極暖と極暖の間くらいのイメージです。

ワークマンTHERMO MAX(サーモマックス)インナー【レビュー】厚さ

生地厚さレベルは最大の5。

ワークマンTHERMO MAX(サーモマックス)インナー【レビュー】裏起毛

裏起毛は細かく肌触りがよく、暖かく感じやすいです。

ワークマンTHERMO MAX(サーモマックス)インナー【レビュー】タイツ

タイツはこんな感じ。

こちらもフィット感があるインナーになっています。

まとめ:コスパもいい冬用の暖かいインナー

ワークマンTHERMO MAX(サーモマックス)インナー【レビュー】パッケージ

よくある水分発熱のインナーではなく、保温力に力を入れたインナーでした。

保温力が高いだけでなく、肉厚な裏起毛から肌感でも暖かく感じる製品でした。

ワークマンらしく機能性が高くコスパもいいと気軽にお試しできるのでいいですよね。

暖かいインナーを探している方は参考にしてみてください。

ワークマン公式HP

他にも冬用のワークマン製品のレビューも行っていますので、そちらも合わせて参考にしてみてください。

モンベルのインナー(ジオライン)の記事もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました