おしゃれでコーヒードリップもしやすい
バルミューダ(BALMUDA)の電気ケトルThe Pot【レビュー】

バルミューダの電気ケトルThe Pot 家電

コーヒー道具の紹介第4段としてバルミューダのThe Potという電気ケトルを紹介します。

おしゃれ家電で有名なバルミューダですが、その中でもケトルはかなり有名だと思います。
おしゃれなデザインだけでなく、コーヒーをドリップするのに使いやすく考えてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

他の愛用しているコーヒー器具もレビューしていますので、そちらも参考にしてみてください。

関連記事:ハリオのドリッパーV60カパー

関連記事:ハリオのコーヒーサーバー

関連記事:カリタのコーヒーミル

関連記事:信州珈琲のコーヒー豆

まとめ記事:コーヒー用具一式

スポンサーリンク

結論

まず最初に結論として簡単に特徴をまとめます。

メリット

  • おしゃれなデザイン
  • 早くお湯を沸かすことができる
  • コーヒードリップに適した注ぎ口

デメリット

  • もう少し容量がほしい
  • 温度設定/温度キープができない

おしゃれ電気ケトルの代表 バルミューダ(BALMUDA) The Pot

Quotation: BALMUDA

デザインに凝ったおしゃれな電気ケトルの中でもバルミューダのThe Potの知名度は最高クラスではないでしょうか。
バルミューダはデザインと機能両方にこだわった家電製品を開発しているメーカーです。
そのバルミューダが発売している電気ケトルだけあって、見た目はシンプルですが細かな気配りができており、使い勝手も考えられています。
詳細は使い勝手の項目で紹介します。

スペック確認

どんなにおしゃれでも機能性がないと価値がないですよね。
バルミューダの製品なので、スペックは問題ないと思いますが、一応確認したいと思います。

  • 容量:0.6L
  • 沸騰時間の目安:200ml 約1分半 / 600ml(満水時)約3分
  • 定格消費電力:1200W
  • 重さ:本体約0.6kg
  • カラー:ブラック、ホワイト、クローム

使い勝手紹介

バルミューダの電気ケトルThe Potの注ぎ口

まずは注ぎ口ですが、細く斜めにカットされており、コーヒードリップなどで細かな調整が可能です。

バルミューダの電気ケトルThe Potのメモリ

内側は最大容量の0.6Lのところにメモリがあります。

バルミューダの電気ケトルThe Potの電源レバー

電源は取っ手の下にレバーがあり、下に倒すことで加熱スタートします。

バルミューダの電気ケトルThe Potのランプ

加熱時には取っ手のランプが点灯します。
このランプ一つとってもおしゃれですね。

お湯が沸くと自動でレバーが上がり、加熱が止まります。
温度設定や保温設定がなく、お湯を沸かすだけしかできないのが、このケトルの欠点ですね。
コーヒーやお茶を淹れるのにこだわりたい方は、温度が重要になるため、結構大きな欠点かもしれません。

バルミューダの電気ケトルThe Potの電源供給パネル

電源はこの上に置くだけで供給されます。 
置くだけなので簡単です。

バルミューダの電気ケトルThe Potのフタ

フタにはパッキンがちゃんとついてあり、爪が引っかかって抜けどめになります。

まとめ:毎日使ってます

温度設定はできませんが、普段飲むお茶や、コーヒーをドリップするのに毎日使っています。
温度設定などの機能が少ない分、単純なレバー動作だけで使用できるため、これはこれでありだと思います。
気になる方は、温度設定が可能な電気ケトルも他メーカーであるので、そちらも探してみてください。

他の愛用しているコーヒー器具もレビューしていますので、そちらも参考にしてみてください。

関連記事:ハリオのドリッパーV60カパー

関連記事:ハリオのコーヒーサーバー

関連記事:カリタのコーヒーミル

関連記事:信州珈琲のコーヒー豆

まとめ記事:コーヒー用具一式

コメント

タイトルとURLをコピーしました