美しい多機能ペン プラチナ万年筆ダブルアクションR3ローズウッド【レビュー】

プラチナ万年筆ダブルアクションR3ローズウッド レビュー 小物

今回紹介するのはプラチナ万年筆から出ている木軸の多機能ペン、ダブルアクションR3ローズウッドの紹介です。

仕事で胸ポケットに入れておく多機能ペンでいいものがほしいと思い、購入しました。
木軸の多機能ペンをいろいろ探して、このローズウッドの木の色と金色の金具の組み合わせに一目惚れし、この多機能ペンに決定しました。

プラチナ万年筆のダブルアクションは木軸以外にも様々なデザインが展開されており、自分に合った多機能ペンを探せるでしょう。

木軸の多機能ペンを探している方やダブルアクションの購入を考えている方は参考にしてみてください。

木軸以外のダブルアクションはこちらから検索。ヌメ革モデルなど多彩なラインナップがあります。

スポンサーリンク

プラチナ万年筆 ダブルアクションR3の良いとこ、悪いとこ

まずは結論として簡単に特徴をまとめます。

メリット

  • 美しいデザイン
  • ボールペン2色とシャーペンが使える
  • コンパクト
  • 手の出しやすい値段

デメリット

  • 少し中がカタカタ鳴る
  • 長時間書く際はもう少し長さがほしい

パッケージ開封

プラチナ万年筆ダブルアクションR3ローズウッド レビュー

パッケージはこんな感じです。

この辺は普通という感じでしょうか。
めっちゃ高価という訳ではないので価格相当だと思います。

美しいデザインの木軸多機能ペン

プラチナ万年筆ダブルアクションR3ローズウッド レビュー

一番の特徴はこのデザインですね。
プラチナ万年筆のダブルアクションシリーズは様々なデザインや素材が展開されており、かなりバリエーションが多いですが、その中でもローズウッドと黄銅の組み合わせに惹かれました。

プラチナ万年筆ダブルアクションR3ローズウッド レビュー

少し赤みがかったローズウッドと黄銅の金色の組み合わせがGOODです。

プラチナ万年筆ダブルアクションR3ローズウッド レビュー

金具も美しいですね。
この多機能ペンは回転式のため、この中央部を回してペン先を切り替えます。
回していくとパチッパチッとはまっていくのが気持ちいいです。

シャーペンは中央部から上を押すことで芯を押し出します。

プラチナ万年筆ダブルアクションR3ローズウッド レビュー

ケースから出してみました。

プラチナ万年筆ダブルアクションR3ローズウッド レビュー

クリップはけっこう固めです。

プラチナ万年筆ダブルアクションR3ローズウッド レビュー

先端部分は回して外せるようになっており、ここにシャーペン用の消しゴムがあります。
また、勝手にゆるんでキャップ紛失防止でゴムリングがついています。

プラチナ万年筆ダブルアクションR3ローズウッド レビュー

シャーペンを出してみました。

プラチナ万年筆ダブルアクションR3ローズウッド レビュー

黒ボールペンです。
芯は0.7mmで書き心地はなめらかです。

プラチナ万年筆ダブルアクションR3ローズウッド レビュー

赤ボールペンです。

プラチナ万年筆ダブルアクションR3ローズウッド レビュー

中はこんな風になっています。
シャーペンの芯はシャーペン部分の先端を外して入れます。

少し気になったのは、本体を軽く振るとカチャカチャと音が少し鳴ってしまうことです。
多機能ペンで内部が複雑な構造になっているので、この部分はしょうがないのかもしれません。
ペン先をなにか出しておけばそこまで音が鳴らないので、使用中はあまり気にならなかったです。

手の出しやすい値段

高級なペンとなると1万円以上のものが多いですが、このダブルアクションローズウッドは約5000円とリーズナブルに感じます。
普通のペンとしては高価な部類に入ってきますが、高級筆記用具の中ではかなり手を出しやすい製品ではないでしょうか。
そのため、価格帯的にプレゼントとしてもおすすめできる多機能ペンだと思います。

まとめ:胸ポケットに忍ばせるにピッタリの多機能ペン

プラチナ万年筆ダブルアクションR3ローズウッド レビュー

まずはデザインがとても美しい多機能ペンでした。
機能面でも、多機能ペンとして申し分なく、少しコンパクトですので、仕事で胸ポケットに忍ばせておくペンに最適だと思います。

自分も仕事でシャーペンやボールペン両方使用する必要がありますので、職場で常に胸ポケットに入れています。

以上、プラチナ万年筆から出ている木軸の多機能ペン、ダブルアクションR3ローズウッドの紹介でした。

ローズウッド以外にも金属やヌメ革など様々な素材のラインナップがありますので、そちらも合わせて参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました