冬の街着用アウトドブランドのアアウターは
化繊インサレーション一択

アークテリクス アトムLT

アウトドアブランドのアウターを街で着ている人をよく見かけるようになり、自分もアウトドアブランドかっこかわいいし、着てみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。しかしいざ購入しようとすると、どれを選んだらいいかわからなかったり、いざ着てみると登山に行くみたいで街着に向いていなかったりして困っていませんか?

本記事では冬の街着用アウターとして最適な化繊インサレーションの紹介をします。
まずは結論から。

スポンサーリンク

結論

メリット

  • 暖かい
  • 軽い
  • ムレにくい
  • 乾きやすい
  • 洗濯ができる

デメリット

  • 完全防水、防風ではない(登山では基本ミッドレイヤーとして使用)
  • 超極寒には向かない(同じ)
Amazon.co.jp: アークテリクス atom lt
Amazon.co.jp: アークテリクス atom lt

化繊インサレーションとは

まずインサレーションとは中綿が入っているものを指します。ダウンジャケットなどがイメージしやすいかと思います。インサレーションはこの中綿の素材によって種類が別れており、ダウンや化繊素材などがあります。今回紹介するのは化繊素材を中綿に使用したインサレーションです。

インサレーションで定番なのがダウンですが、ダウンの弱点として、透湿性が低いため雨や汗で濡れた際に乾くまでに時間がかかり、特徴である保温性が低下してしまうことがあります。また、天然素材であるため、価格が高価であったり、洗濯ができません。
この弱点を克服しているのが化繊インサレーションになります。

化繊はポリエステルやポリプロピレンなどの人工的に製造された化学繊維を使用しています。透湿性や速乾性が高く、アウトドアでも日常生活でも活躍することができます。ダウンと比較して保温性が低いことがデメリットでしたが、日々の科学技術の進歩から徐々に保温性の高いものが登場しています。

定番のハードシェルやダウンジャケットが街着でおすすめできない理由

Quotation: THE NORTH FACE

アウトドアブランドでアウターを探す際、よく思い浮かべるのはゴアテックスなどのハードシェルやダウンジャケットではないでしょうか?ハードシェルやダウンジャケットもそれぞれいい点があるのですが、街着としては次のことが引っかかります。

ハードシェル(ゴアテックスなど)の街着デメリット

  • 単体では暖かくない(中に着込む想定のため)
  • ダボッとふくらんで見えがち(同じ)
  • 素材が硬い

ダウンジャケットの街着でのデメリット

  • 膨らんで見えがち
  • 室内など暖房に向いていない(汗をかいても速乾性が悪い)

化繊インサレーションが街着でおすすめできる理由

Quotation: THE NORTH FACE

次にハードシェルやダウンジャケットと比較して化繊インサレーションが街着におすすめできる理由を解説します。化繊素材のメリットは通気性、透湿性、速乾性、手入れの簡単さになります。また、登山ではミッドレイヤーとして使用される想定で作られているのも街着でおすすめできる理由になります。このことから街着で化繊インサレーションがおすすめできる理由をまとめます。

化繊インサレーションの街着でのメリット

  • 1着だけでも十分な暖かさでレイヤリング不要(街中ではダウンほどの保温性は不要)
  • 暖房で汗をかいても快適(通気性、透湿性、速乾性が高いため)
  • 細身のシルエットでシュッとして見える(ミッドレイヤー想定のため)
  • 柔らかい触り心地
  • 洗濯できる(化繊素材のため)

では、それぞれのメリットについて簡単に説明します。

化繊インサレーションは暖かく、汗をかいても快適

まずは暖かさです。ゴアテックスなどのハードシェルは中綿がなく、中にフリースやインナーダウンを着込んだあとに着る前提ですので、1着では暖かくありませんが、インサレーションは中綿がありますので単体でも暖かさを感じることができます。
ダウンと比較すると、保温性は負けてしまいますが、登山に行くわけではないので街中の使用では十分な暖かさです。

また、ダウンでは暖房などで汗をかくと、乾くまでに時間がかかるため不快に感じることがありますが、化繊素材だとすぐに乾くので快適に過ごすことができます。

化繊インサレーションのシルエットは街着に最適

インサレーションは登山ではハードシェルの下にミッドレイヤーとして着ることが多いです(暖かければミッドレイヤーがアウターになります)。よって、インサレーションの上からもアウターを着られるように細身のシルエットが多いです。よって、アウトドアウェアでも体のラインを見せることができ、街中でも浮いた感じになりません。ハードシェルだとどうしてもぶかっとしたり、ダウンジャケットだとモコモコしたりすると思います。
また、ハードシェルみたいに硬い素材出なく、柔らかいことが多いので、触り心地もいいです。

化繊インサレーションはメンテナンスが楽

最後にメンテナンスですが、化繊素材のため洗濯ができます。ダウンは洗濯できないことが多いですが、化繊インサレーションは洗濯できるので、少々の汚れは気にすることなく着ることができます。速乾性も優れているので、洗濯後の乾く時間も短く、メンテナンスがとても楽です。洗濯は洗濯機が使えることが多いですが、脱水のしすぎは形がくずれるため、柔軟剤なしで最短の脱水にすることが洗濯のポイントです。詳細は各ジャケットの取り扱いに従ってください。

まとめ

ここまで化繊インサレーションウェアの優れた点を解説してきました。化繊インサレーションが街着のアウターとしていかに優秀かわかっていただけたでしょうか?
もちろんタウンユースだけでなくアウトドア活動でも活躍は間違いなしです。
下記記事では街着としておすすめな化繊インサレーションウェアを紹介しています。
合わせて参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました