リアル! wraplus Surface Pro7用スキンシール【レビュー】

wraplus Surface Pro スキンシール レビュー ガジェット

今回紹介するのはwraplus(ラップラス)のSurface Pro7用スキンシールです。
wraplusはMacやiPhoneなど様々なスキンシールを発売しています。

デザインの種類も、カラフルなカラーから、木目調、レザー調、カーボン調など、かなり豊富ラインナップがあります。

自分はSurface Pro7用にブラックレザーを選びました。
最初は木目デザインに使用かと思いましたが、黒のタイプカバーに合わせて黒のレザーにしました。

本物のレザーではありませんが、かなり質感高くできているので、大満足です。
気軽にデザイン変更できるので、SurfaceだけでなくiPhoneやMacもオリジナル感を出したい方は参考にしてみてください。

関連記事

スポンサーリンク

wraplusのスキンシールの良いとこ、悪いとこ

メリット

  • 気軽にデザイン変更
  • 質感が高い
  • 様々なスマホ、PCに対応
  • カラーバリエーション豊富

デメリット

  • カーブした小さいパーツははがれる可能性あり

パケージと内容物

wraplus Surface Pro スキンシール レビュー

パッケージはこんな感じです。

かなり薄く、ポストにも入りそうな大きさです。

wraplus Surface Pro スキンシール レビュー

裏面に使い方が書いてあります。

wraplus Surface Pro スキンシール レビュー

内容物はシール自体と掃除用のクリーニングキットが入っています。

再現性高い質感

wraplus Surface Pro スキンシール レビュー

写真ではなかなか伝わりにくいですが、レザーの質感がよくでています。

もう少し立体感があればもっとレザーっぽさが出たかもしれませんが、ただのシールにしてはかなりリアルな質感です。
その分薄くできているので、スマホにつけるとシールの厚さを気にすることなく使えます。

実際に張り付けてみました

wraplus Surface Pro スキンシール レビュー

まずはウェットシートで軽く表面をきれいにします。

wraplus Surface Pro スキンシール レビュー

張り付けてみました。
精度よくカットされているので、サイズもピッタリです。

位置がずれても簡単に張り直しができるので、微調整しながら綺麗に張ることができました。

wraplus Surface Pro スキンシール レビュー

Surface Pro7用モデルはWindowsマークが切り取られています。
サイズピッタリなので、ここを基準にして張り付け作業を行いました。

wraplus Surface Pro スキンシール レビュー

カメラもきちんとかっとされています。

wraplus Surface Pro スキンシール レビュー

wraplusのスキンシールはサイド側もシールがあります。
表面だけでなく、サイドもあることでより完成度高く見えますね。

コネクタ部分のサイズもピッタリです。

角の小さいシールは一部はがれあり

wraplus Surface Pro スキンシール レビュー

残念ですが、角の小さいシール部分で少しはがれがありました。
手で押さえると再度くっつきますが、しばらくすると浮いてくるようになりました。

シール面積が少ないところなので、この部分は仕方ないかと思います。
自分はここはどうしても浮いてくるので、取って使っています。

まとめ:完成度高く、気軽に気分転換できる

wraplus Surface Pro スキンシール レビュー

簡単に張ることができ、質感もかなり高いスキンシールでした。
シールを張るだけで、イメージががらりと変わります。
価格も安いので、気軽にイメージチェンジできるので、オリジナル感を出したい方におすすめです

以上、wraplusのスキンシールのレビューでした。
Surface以外にもiPhoneやMacbook、Androidなど対応機種の種類も多いのでぜひ参考にしてみてください。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました