ホワイトハウスコックス メッシュベルト1年経年変化レビュー

ホワイトハウスコックス メッシュベルト 1年経年変化 小物

今回はホワイトハウスコックスのメッシュベルトを購入して1年経ちましたので、革の経年変化を見ていきたいと思います。

自分が購入したのはNEWTON(ニュートン)という薄めのナチュラルなカラーでしたので、いい具合に経変変化してきました。

やっぱり革の経年変化は見ていて楽しいですね。

自分と一緒に過ごした月日を感じることができます。

ホワイトハウスコックスのレザーベルトの経年変化が気になる方は参考にしてみてください。

購入当初のレビュー記事も書いています。
こちらも併せて参考にしてみてください。

スポンサーリンク

色が濃くなり、ツヤが出てきた

ホワイトハウスコックス メッシュベルト 1年経年変化

表面が飴色のいい色になってきました。

最初はかなりナチュラルな薄いカラーでしたが、結構変化が出てきました。

最初の自然な色は購入時のレビュー記事を参考にしてみてください。

購入時のレビュー記事

白に近かった色から茶色になりました。

光の当たり具合でテカテカした光沢も見られます。

革の肉厚感と相まってかなり革の味わいを感じられます。

先端は0歳の娘に口に入れられてシミができています。

やはり革なので、水分には注意が必要ですね。

これも味わいと思っておきましょう。

金具部品は少しくすんだ色になってきました。

もっと小キズが増えてくると、もっと雰囲気が出てきそうですね。

まとめ:まだまだ深い色になりそう

色に深みとツヤが増してきたことがわかりましたね。

1年でなかなかの変化だったので、これからもどんどん経年変化していきそうです。

これからも毎日使って経年変化を楽しみたいと思います。

以上、ホワイトハウスコックスのメッシュベルトの経年変化レビューでした。

購入を検討している方の参考になれば嬉しいです。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました