初心者必見アウトドアアウター比較
街着やアウトドアでおすすめはどれ?

???????????????????

アウトドア用のアウターは種類がいっぱいあり、普通の人からすると、どれが何だかわからないことはないでしょうか?
各メーカー様々なアウターを展開しており、それぞれ細かな違いはありますが、今回は初心者向けにアウターを簡単に分類分けし、それぞれの特徴を紹介します。
街着用や、キャンプ・登山などのアウトドア用に探している初心者の方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アウターの分類

ざっくりとアウトドアアウターを分類してみました。
簡単に分けるとインサレーション(中綿)はあるかどうか、ない場合はウェアの硬さ、中綿がある場合は中綿の素材で分類することができます。

簡単に分類しましたので、次にそれぞれの特徴を見ていきます。

それぞれの特徴

  ハードシェル ソフトシェル ダウン 化繊インサレーション
暖かさ × ×〜△
コンパクトさ ×〜△ △〜○
防水防風
シルエット 大きめ 細め 大きめ 細め
洗濯 ×
特徴

・防水防風性に
 優れるが単体で
 暖かくない

・ゆったり
 シルエットで
 硬めの素材で
 どちらかというと
 アウトドア用

・アウトドアで
 着る場合は
 中にフリースや
 インナーダウン
 を着て温度を
 調節する

・単体で
 暖かくないが
 中にも外にも
 着ることが
 でき汎用性が
 高い

・細身の
 シルエットと
 柔らかめの
 素材から
 街着にも
 向いている

・とにかく
 単体で暖かい

・透湿性は悪く、
 濡れに弱い

・洗濯も
 しにくい
 ことが多い

・単体でも
 それなりに
 暖かく、
 洗濯もでき、
 汎用性が
 かなり高い

・シルエット
 も細身な
 ことが多い
 ので街着
 にも向いて
 いる

着方(役割)

・寒い時の
 アウターと
 して(中に
 フリースや
 インナー
 ダウンを
 着て防水
 防風目的で
 一番外に着る)

・春秋の
 アウター
 として

・冬の
 ミドル
 レイヤー
 (中着)
 として

・寒い時の
 アウター
 として

・春秋の
 アウター
 として

・冬の
 街着の
 アウター
 として

・冬の
 ミドル
 レイヤー
 として

それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。
アウトドアではそれぞれ役割が違うので、それに応じた特徴を持っています。
中でも化繊インサレーションの汎用性はかなり高いです。

一着は持ってて損はない化繊インサレーション

化繊インサレーションは単体でも暖かく、夏以外の季節で使用でき、アウトドアだけでなく街着としての使用にもむいており、汎用性の高さが特徴です。
また、洗濯もできるのでメンテナンスも楽で一着持ってて損はないアウターです。

化繊インサレーションがおすすめの理由とおすすめ3選を下の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

冬の街着用アウトドブランドのアアウターは
化繊インサレーション一択
アウトドアブランドのアウターを街で着ている人をよく見かけるようになり、着てみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。しかしいざ購入しようとすると、どれを選んだらいいかわからなかったり、いざ着てみると登山に行くみたいで街着に向いていなかったりして困っていませんか?本記事では冬の街着用アウターとして最適な化繊インサレーションの紹介をします。
おすすめ街着用化繊インサレーション3選
アウトドアブランドのアウターを街で着ている人をよく見かけるようになり、自分も着てみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。はじめの一着として化繊インサレーションウェアがおすすめです。本記事ではおすすめの街着用化繊インサレーションジャケットを紹介します。街着用を想定していますので、細かいスペックや機能性の部分は除いて、デザインやブランドで選びました。ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました